SINKO

設備機能保守

ビル管理に関わるすべての業務を一括請負

ビルは竣工した時期、規模、用途などによりさまざまな運用があり、同じものは全くありません。
古いビルと最新のビルでは設備管理の方法が全く異なっているが、千代田ビル管財では顧客のニーズに合わせてビル設備管理の現場員を派遣しています。
当社から派遣された現場員も常に新しい現場・設備を知り、勉強が欠かせません。
また一つの現場に留まることなく、実務経験を積むためにも現場のローテーションを行って、新しいビルシステムの運用に必要な資格やスキルアップのため資格試験取得を奨励しています。

 

 

業務内容

設備監視

ビル設備の運転管理は中央監視室で監視モニターにより24時間、発停や警報を監視しています。警報による機器トラブルは必ず現場に出向き、その原因の追究や応急措置の1次対応を行って、ビルの運用に支障のないように、機器を運転管理をしています。

設備点検

機械は必ず故障します。したがって機器センサーで監視によりトラブル判明するが、設備点検の際に5感を働かせて機器状態を点検記録しています。設備員の人間のセンサーは日常の点検で養われ、大きなトラブルになる前に発見し、予防保全整備に努めています。

機器修理

機械の故障が発生すると修理しなければなりません。千代田ビル管財ではビルオーナー等の意向を受け、修理できる協力会社を手配し、設備機器の修理復旧や更新工事等を請け負って、ビルの稼働に影響がないように修理工事の管理をしております。

工事施工管理

ビルでは必ず改修工事や修理工事があります。工事を管理するにはビル側の意向を反映、さらにビル管理のノウハウを活用して、ビルの運用に支障のないように稼働機器に影響を最小限にして施工管理を実施しています。

千代田ビル管財の強み

●資格者の養成

現場作業所の設置設備や規模により、ビルを管理する上で必要な国家資格者を配置なければならない場合があります。
千代田ビル管財ではお客様のニーズに合わせ、当社の有資格者を配置して管理を実施し、安全第一に職務遂行を行っておりますが、未資格者には実務経験積みながら、資格取得できる社員の養成に努めております。

 

資格一覧

  • ・一級建築士
  • ・二級建築士
  • ・一級建築施工管理技士
  • ・二級建築施工管理技士
  • ・一級管工事施工管理技士
  • ・一級電気工事施工管理技士
  • ・二級電気工事施工管理技士
  • ・第一種電気主任技術者免状
  • ・第二種電気主任技術者免状
  • ・第三種電気主任技術者免状
  • ・第一種電気工事士
  • ・第二種電気工事士
  • ・一級電気工事施工管理技士
  • ・第一種冷凍機械責任者
  • ・第二種冷凍機械責任者
  • ・第三種冷凍機械責任者
  • ・建築物環境衛生管理技術者
  • ・空調給排水管理監督者
  • ・空気環境測定実施者
  • ・貯水槽清掃作業監督者
  • ・防除作業監督者
  • ・エネルギー管理技士
  • ・ビル設備管理技能士
  • ・公害防止管理者(大気・水質)
  • ・ボイラー整備士
  • ・消防設備士甲種一類から七類